【コミックセットせどり】タダ本申込みが1月3日から再開!

せどりタダ本

リピスタ神です、こんにちは。

以前からせどり初心者の方向けに、コミックセットを仕入れて転売すると儲かるよという話をさせていただいてます。

たとえば以下の記事では、なぜコミックセットを売ると利益が出るのか、なぜコミックセットせどりをおすすめしているのか、その理由を明快に書いていますので、ぜひあとで読んでみてください。

店舗せどりが好きな人はコミックセットをやったら簡単に儲かるよ

2019.09.20

で、今回は初心者にもおすすめのコミックセットせどりを、より簡単に、より効率的に実践するうえで使ってみたいサービス「タダ本」について解説します。

タダ本とは?

タダ本の公式ページは以下からどうぞ。

タダ本の申し込み再開について

ネットオフが運営するタダ本について

ネットオフが今年からサービスをスタートさせたタダ本。

わかりやすく言うと、サブスクタイプの新しい書籍販売形式で、会員は毎月250円または500円で、規定冊数の本を毎月無料で買うことができます。

サブスクというのはサブスクリプションの略で、いわゆる月額課金サービスの総称です。

無料で買うという日本語もちょっと変ですが、まあとにかく毎月500円払って最大50冊無料でもらえるサービスなんだなと思ってもらえればOKです。

なお、タダ本は超人気サービスなので、現在は新規会員の申し込みはできません。

次に申し込みが再開されるのが2020年1月3日になりますが、おそらく抽選で参加できるような形にするはずなので、とりあえずは1月3日になったら申し込みしておくことをおすすめします。

ジン
僕は家族全員の名義で申し込みます。

なぜネットオフがタダ本を始めたのか?

サブスク「タダ本」サービスは、ネットオフが取り扱っている中古書籍のうち、あまり回転の良くないもの(中古で買い取ってから売れずに半年経過しているとか)を110円以下に設定し、それらをすべてタダ本対象書籍とすることで市場流通に戻す、という目的で行っていると思われます。

会員数は公開されてないので何ともですが、仮に500円で50冊もらえる会員サービスに1万人登録してくれたら、毎月500万円の売上が確保できますよね。年間6,000万円の追加売上がゼロベースから作れるわけですから、ネットオフとしてはオイシイ商売です。

登録者1万人が全員50冊ずつタダ本をもらう状況ができたとしても、1冊あたり10円の売上が発生すると考えることができるわけで、全然売れない状態よりもメリットがありますよね。

中古本は回転すればするほど儲かるビジネスモデルですから、不良在庫をずっと抱えているよりも、格安で市場に戻し、それをまたネットオフで中古として買い取ることができれば、ネットオフにとっては超優秀なビジネスモデルになる可能性が高いわけです。

とはいえ、毎日10万冊以上が対象ということで、タダ本ユーザーが満足できる冊数なのかどうかは疑問ですが、実際に中身を見てみたいですね。

タダ本10万冊以上が無料
アマゾンの中古本送料ビジネス

アマゾンでは中古本が1円で出品されていますが、これは送料ビジネスですね。

1円で商品を売るけれども、送料で350円もらい、100円~150円くらいで発送できれば、その差額は利益として積み上げることができます。

考え方としては、タダ本で50冊もらえる範囲の中で、アマゾンで回転が良い書籍を見つけることができれば、中古本1円出品で送料ビジネスをすることもできます。

1アカウント当たり50冊、2アカ、3アカと持っておけば、いろいろ展開できそうです。

タダ本を利用したせどり転売手法のアイデア

タダ本は、毎月500円で50冊まで自由に購入できるというサービスです。

極論言うと、50冊仕入れて500円以上の利益が残るように販売することができれば、継続的に儲かるよねという話。

では具体的にタダ本サービスをどう活用するかですが、2つのアクションプランが想定できるかなと考えています。

タダ本せどり①:コミックセットせどりの冊数収集に使う

ブックオフなどを利用した本せどりジャンルで利益が残りやすいのは、やはりコミックセットです。

もちろんコミックでなくてもシリーズの小説などもセット化すると利益は残りやすいです。

コミックだけがセット本せどりじゃない!文庫セット転売で稼ぐ方法

2019.11.14

タダ本には毎日10万冊以上の対象商品があるということですから、常に新規入荷をウォッチしつつ、コミックセットとして利益が残りやすいタイトルをかき集めるのが一番わかりやすい使い方かなと。

タダ本でできる限り多く集めて、足りない巻は店舗や駿河屋など中古コミックを扱っているところで買う。

タダ本で毎月50冊もらえば実質的に1冊10円で仕入れられるわけですから、コミックセットのトータル仕入れ額は下がります。となると、利益は当然増えますよね。

コミックセット電脳せどり実践~電脳で右から左に流すだけで稼げます

2019.11.05

タダ本せどり②:アマゾン中古本送料ビジネスに使う

次に、先ほどちょっと言及しましたが、アマゾンで中古本を1円で販売する送料ビジネスに利用するパターンです。

中古本の送料ビジネスではセットにする必要はなくて、アマゾンで回転の良い商品を見つけたら勝ち。

中古可で1円出品して、送料を抜くビジネスになりますね。

たとえば郵便局のサービスで「ゆうメール」というのがありますが、一般的な厚さ3cm以内で150g以下の書籍であれば180円以下で発送できます。

アマゾンの中古本は1冊250円~350円くらいで送料設定しているケースが多いので、最安250円としても差額70円は利益になります。

ゆうメールについて

ジン
発送する数が多ければ、直接郵便局に交渉してさらに安く発送することもできますよ。たくさん発送するなら後納契約がお勧めですね。ただし1冊送って70円の利益をどう考えるかはしっかり事前にシミュレーションしておきたいところです。

タダ本まとめ

ということで、今回はネットオフが提供する書籍のサブスクサービス「タダ本」について、せどりにどのように活用できるのかという点について解説してみました。

個人的には、やはりコミックをガンガンかき集めるために使いたいですね。

もし1月3日に無事に会員登録できたなら、また後日、実際に使ってみて感想などもレビューしてみたいと思います。

コミックセットせどりに興味がある人は、1月3日の申し込み再開時に登録しましょう。

公式:タダ本

ではまた、リピスタ神でした。