今しかできないシンプルな簡単せどり転売でクレジットカード枠を現金化しながらリスクゼロでマイルを貯める方法を解説。

クレカ枠現金化

1月最後の楽天マラソンの準備に追われてブログを毎日更新できていないリピスタ神です、こんにちは。

なるべく早めに追いつこうと思っているんですが、あっという間に時間が過ぎていき、ブログを書く時間がなかなか確保できません。

とにかく今後も毎日更新頑張っていきたいと思います。

 

ということで今回は、今しかできない簡単転売でクレジットカード枠を使いマイルを貯める方法について解説します。

事前に伝えておくと、これはあくまでもアイデアレベルのものであって、僕自身は現時点ではまだ試していません。(2月に東京出張が控えているので、そこで試してみようとは思っています。)

しかしながら、過去に似たような作戦でWiiUをたくさんかき集めたことがあるので、問題なく実践可能と思いますし、もしかしたらすでにやっている人もたくさんいるかもしれません。

あくまでもせどり転売のアイデア、ヒントという認識で読んでいただければ。

買取屋流しで人気の商品を定価で買う

2019年後半から、買取屋流し目的の商品として大変人気のアップル製ワイヤレスイヤホンAirpodsPro

これが今回のターゲットです。

え?エアポッズは定価で買えないし、楽天とかヤフショでポイント還元を考慮しないと利益出ないでしょ?

と感じる人がいるのもわかります。僕も実際そういうふうに考えてました。

でも、今回はちょっと趣向が違います。

買う場所は、店舗です。

大手量販店のヨドバシやビックカメラで実践できる方法をお伝えします。

このアイデアを実施するための前提条件

ネットで見ていただくとわかりますが、ヨドバシやビックカメラでは最新の AirPods Pro に対して、各店舗1人1個など個数制限を実施していますので、現実的に一人で一度に大量購入することはできません。

ヨドバシエアポッズ
ビックカメラエアポッズ

ネットではログインIDや住所などで個人を特定しており、店舗ではポイントカードで個人を特定していますから、たとえば1日に2回別の店舗で購入しようとしたとしても、店舗側は過去の取引履歴を確認したうえで、

あなたは今日秋葉原店でAirPodsProを買ってるから、もう買えません。

みたいに対応されてしまいます。残念。

ですが、これを逆手にとって一人で複数個買う方法があるんです。

そのためには、スマホを複数台持っていることが前提になります。

僕らはポイ活ペイ活でメイン端末以外のサブ端末をたくさん保有していますから、こういうところでもサブ端末を生かすことができます。

ではここから、複数台のスマホを持っているという前提で話を進めていきます。

一人でたくさんAirPodsProを買う手順

結論から書いちゃいますが、今回のアイデアは複数台のスマホにポイントカードアプリをインストールし、それぞれの電話番号で1台ずつ購入するというものになります。

もちろん保有するスマホ台数分しか購入することはできませんが、この方法だと1人1個という制限を無視して、スマホを持っている分だけ購入することができるというわけです。

とはいえ、同じ店舗の同じレジで短時間のうちに購入しようとすれば、当然ながら店員に目をつけられてNG食らう可能性もありますので、店舗を変えるのは必須ですね。

ジン
ビックカメラの場合、コジマ、ソフマップなど、系列店ではポイントカードが共通になっているはずなので、同じカードを提示すると履歴チェックされるかもしれません。実際に試してないのでわかりませんが、来月秋葉原で実践してみようと思います。

手順①:ヨドバシに会員登録する(アプリインストール)

保有スマホすべてで、ヨドバシに会員登録をします。

と同時に、ヨドバシアプリをインストールしましょう。

  • 名前は同じでもOK
  • 住所は念のため表記を変える
  • 電話番号は端末のものを使う

電話がかかってくるということはほぼあり得ませんが、何かあった場合に備えて、SMS受信できるSIMを使うのが鉄則です。

手順②:AirPodsProを予約する

現時点でヨドバシカメラはネットで取り寄せ予約手続きをすることで1人1個購入することができます。

定価30,580円で、ポイントが1529円分入るので、実質29,051円で購入するという内容です。

買取屋の本日時点の価格は29,800円程度なので、損することはないですね。1週間前くらいだったら3万円超えてました。

大きな利益というわけでもないですが、今回は『リスクゼロでクレカ枠を現金化しつつマイルを貯める』ということが最大の目的なので、ここはこれで良しとします。

手順③:店舗で受け取る

ヨドバシネットなので自宅で受け取れれば最高ではあるんですが、特に人気の商品ですから住所表記をちょっと変えた程度ではヨドバシからNG食らう可能性があるので、ここはあえて店舗で受け取るほうが確実性が高そうです。

A店舗で買うときにはスマホAを使う。B店舗でBを使う。といったように、各店舗で使うスマホを分けて購入しましょう。

もちろん同じ店舗でも日を分けて処理すれば、店頭の人はあなたのことを覚えているわけはないので問題なく受け取れると思います。

ビックカメラは確認したところ会員登録~ネット注文はできますが店舗受け取りという選択肢がないので、何とか複数の住所を用意して買うというだけに絞られそうです。

獲得ポイントの次の使い道は?

店舗仕入れができる人ならヨドバシやビックの獲得ポイントの使い道に困ることもないのかもですが、ネットで仕入れをしているという人はポイントの使い道に困るかもしれません。

また、それぞれ別のスマホで獲得したポイントはまとめて使うことができないので、2,000~3,000円程度の商品を買う際に使ってしまうのが良いかなと思います。

ゲームやおもちゃなどプライベート用の買い物に使ったり、スマホケースやスマホアクセサリーに使ったり、最近はヨドバシもビックもわりと日用品も売ってますから、そういう買い物に使うのも良いですね。

簡単転売でクレカ枠を現金化してマイルを貯める方法まとめ

ということで、今回はシンプルながら確実にクレジットカード枠を現金化しながらマイルを貯めるアイデアについてお伝えしました。

僕らはポイントせどらーで、メイン端末のほかにサブ端末をたくさん抱えることが当然という世にも稀有な人種です。僕なんて海外に出掛ける際にも最低8台のスマホを抱えて出歩きますからね。

SMSが使えるスマホをたくさん持っているという強みは、PayPayやLINE、d払いといった各種アカウントを作る以外にも、スマホアプリを顧客管理に使っているような店舗で1人1個制限を突破するための非常に貴重なアイテムになるということがわかっていただけたかなと思います。

このような視点で世の中を見ていくと、1人1回限りとか、1スマホ1クーポンとか、限定的なお得で美味しい情報がたくさん出回っていることも気づくと思います。

そして、複数端末を持つことで、そういった限定的でお得なサービスを合法的に一人で複数回利用することができるわけです。

最近ではLINEポケオというサービスで本来800円する大戸屋の弁当が実質200円で食べられたり、ラインペイでは1月31日までコンビニの100円クーポンが使えますよ。(100円以上の買い物で100円引きなので、ほぼタダですw)

100円以上の買い物で100円引き

サブ端末をせどり転売に生かす場面は本当に数多いので、ぜひサブ端末を使って稼ぐ方法はないか?という視点で世の中を見回してみてください。きっとおもしろい発見があるはずですよ。

ではまた、リピスタ神でした。